ヤノメのコメノハナ(糀漬けのもと)

 

ヤノメのコメノハナは、東北地方に昔から伝わる麹漬けの床 「三五八漬け」をベースに作った矢ノ目糀屋オリジナルの麹の漬け床です。「三五八漬け」の名前の由来は、塩、糀、蒸米を3:5:8の割合でブレンドしたことからきています。糠床のように毎日かき混ぜる手間がなく、手軽に漬物も楽しめます。 イメージとしては、水分のない塩糀のようなものです。

 

ヤノメのコメノハナは、山形県新庄市の高橋広一さんが大切に育てた山形在来「さわのはな」の糀と玄米からできています。 一般的な三五八漬けのもとよりも塩を減らし、熟成させてからお客様にお届けしますので、全体がしっとりしていて甘みがあり、食材の旨みを引き出し、素材の味を引き立ててくれます。玄米が美味しいとされる「さわのはな」の良さを最大限に活かした逸品です。

 

使い切りで使ったり、継ぎ足しして使ったりと食材に合わせ漬け込み時間を調整し、お使い頂けます。

 

・ヤノメのコメノハナ 200g 540円

矢ノ目糀屋の焼塩糀(スパイシーシード)

 

噛めば噛むほど口の中いっぱいに広がる不思議な味わいの種たち。胡桃やクミンシードやコリアンダーシードなどを合わせて炒り、さらに炒った糀を加えることで香ばしい甘みをプラス。

 

茹でたジャガイモにふりかけ和えたり、パスタやサラダに美味しい香りの塩です。 野菜を美味しくするスパイシーな塩です。

 

・矢ノ目糀屋のスパイシーシード 40g 450円